お知らせ
News & Topics

和歌山大学 地域インターンシッププログラム(LIP)との取り組みについて⑤

今年10月30日から開催される「紀の国わかやま文化祭2021」のイベントを事前に紹介するために「和歌山大学観光学部生」が取材に伺い、その結果を文化祭のHPやSNSなどで発信します。

第5弾「きのくに舞台芸術演劇祭

~取材先概要~

11/17日(水)から11/20日(土)まで開催される「きのくに舞台芸術演劇祭」は、全国公募団体と劇団ZEROがそれぞれの代表作を公演します。

■開催日時:令和3年10月20日(水)18:30~21:00

■場  所:河西コミュニティーセンター(和歌山市松江北二丁目20番7号)

■内  容:今回は11月20日(土)に開催される「古代わかやまの女王伝説 名草姫」の出演団体である「劇団ZERO」さんの練習風景と意気込みなどを伺いました。

取材内容
(1)始めたきっかけ 面白い舞台を作り、さらにはお客様に感動を与えるものを作りたいとおもった。
(2)劇団ZEROの魅力 20歳から65歳までの男女構成で、いつも総力体制で作品に向き合い、和気あいあいとした家族のような団体です。
(3)発表内容・注目ポイント 歴史が長い中で、今回初めて和作品に挑戦。 今回披露する「名草姫」を通して、和歌山市がスタートした本来のルーツ(隠れた数々の魅力)を地元の方に知ってもらうきっかけになればと考えている。名草姫の時代を生きてきた人々をよみがえらせたいという劇団の方々の思いを感じてほしい。
(4)コロナによる影響 例年に比べて練習時間が少なくなってしまった。

 

活動に対する熱い想い、作品を通して和歌山のルーツを地元の人に知ってもらいたいという思いがひしひしと伝わってき、元気で素敵な団体でした

和歌山のルーツを知るきっかけとなる“心が魂が震える伝説の舞台”です!!地元の人こそ見てほしい神秘的な世界を体感できる物語ですのでぜひお越しください。

 

 

 

詳しい内容はこちらのリンクからご覧ください。

 

 

※地域インターンシッププログラム(LIP)とは

・和歌山大学観光学部の学生が、和歌山県内及び大阪南部の市町村などの協力のもと、地域が抱える課題を現地調査や地域住民との交流などを行い、その解決方法を考え、各地域の活性化を図るもの。

 ※大阪府内または和歌山県内で緊急事態が発出された場合は、活動を中止する可能性があります。