お知らせ
News & Topics

和歌山大学 地域インターンシッププログラム(LIP)との取り組みについて④

今年10月30日から開催される「紀の国わかやま文化祭2021」のイベントを事前に紹介するために「和歌山大学観光学部生」が取材に伺い、その結果を文化祭のHPSNSなどで発信します。

第4弾「ゆあさ醤(ひしほ)祭り」

~取材先概要~

10/30(土)から10/31(日)まで開催される「ゆあさ醤(ひしほ)祭り」では、湯浅えき蔵にて、湯浅の特産品をテーマに醤油づくり体験や食文化に関する講演、ジュニアコーラスによる合唱や湯浅中学校吹奏楽部による演奏、夜には創作講談を開催し、湯浅スポーツセンターでは、文化芸術作品展示や演芸大会、湯浅中学校では、料理教室が開催されます。

  

 

■開催日時:令和3年10月10日(日)9:30~11:30

■場  所:湯浅えき蔵、丸新本家株式会社

■内  容:醤油の手作り体験や、醤油の歴史などを学び、また開催に向けてのお話を伺いました。

取材内容
(1)始めたきっかけ 芸術作品の展示などは町のイベントで行っていたが、昨年オープンした湯浅えき蔵のPRも兼ねて、さらなる醤油の魅力について知っていただくよう、今回のイベントを実施する。
(2)魅力 醤油づくりの工程の歴史や魅力を学ぶことができたり、創作講談は湯浅町の歴史文化を題材として、フィクションを交えたオリジナルストーリーの脚本をお話ししていただいたり、醤油や湯浅町の歴史や文化にふれ、楽しんでいただける。
(3)発表内容・注目ポイント 醤油、金山寺味噌、湯浅賞や明徳上人にまつわる史実をもとにフィクションとして脚本したオリジナルのストーリーの講談や、特別講演で土井善晴にお話をしていただけること。
(4)コロナによる影響 人数制限や全てのイベントに対策を施さないといけないこと。

醤油のことについて深く学ぶことができ、体験中に醤油作りのことや湯浅町について色々教えていただき勉強になりました。オリジナル醤油の話が特に面白かった(仕込みの時、水の代わりにトマトやジュースなどを利用して作っているという話)です。開催期間中はぜひ、お越しください。

 

詳しい内容はこちらのリンクからご覧ください。

 

※地域インターンシッププログラム(LIP)とは

・和歌山大学観光学部の学生が、和歌山県内及び大阪南部の市町村などの協力のもと、地域が抱える課題を現地調査や地域住民との交流などを行い、その解決方法を考え、各地域の活性化を図るもの。

 ※大阪府内または和歌山県内で緊急事態が発出された場合は、活動を中止する可能性があります。